住まいについて

家を買う時に知っておきたいこと

家の購入ことは、人生で最も大きな買い物になります。
世間では「家は3回建てないと納得できる家にならない」とよく言われていますが、いろいろ調べて完璧だと思っても、住んでみると「ああすればよかった」「こうすればよかった」と後から出てくるものです。
また、それほどの大きな買い物ですので不安なこと、わからないこともたくさんあると思います。
家を買う時のタイミングから、場所、土地の広さ、建物の大きさなどを選ぶポイント、相場や税金、売買契約・借り入れに関すること、入居後のトラブルなど、事前に知っておく必要がたくさんあります。
広く情報収集し、理想の住居に巡り合えるようポイントを押さえて、後悔のない家を購入しましょう。

家購入の流れ

家を購入するときには、まず購入の流れを知る必要があります。

  • どういった家を購入したいのかイメージを膨らませ、その中で譲れない条件と譲ってもいい条件をはっきりさせ、資金計画を立てましょう。
  • 物件見学などで、実際に物件をチェックし耐震性や構造はどうか?間取りに問題はないか?など確認したうえで購入検討します。
  • 希望地の駅までの距離、近隣にスーパーがあるか、周辺の道路の渋滞状況、治安、騒音など住環境について検討しましょう。
  • 住宅を購入する際には住宅ローンを利用する人が多いのですが、審査に通らなければローンを組むことはできません。一般的には不動産会社と売買契約を結び、手付金(契約金)を支払ったあとに正式な住宅ローンの申し込みを行います。
  • 無事に住宅ローンの契約が済めば、あとは引き渡しを受ける形になります。

家を買う時のポイント

まず、家を買う時のポイントはタイミングです。
結婚した時、子どもが生まれた時、子どもが幼稚園・小学校に入った時、老後の建て直しなど…生活に変化が生まれた時は買いやすいタイミングといえます。その時の家族の年齢や人数、仕事の状況や年収によって、購入する家の場所や広さ・大きさも変わってきます。
建てる家の場所や広さは価格に直結するので、このタイミングが非常に重要になります。
そして購入が決まったら一番に考えなくてはならないのは予算です。
貯金が多少あったとしても、一括購入ができない場合は長期ローンを組むことになるので、返済に無理のない金額を計算しなくてはなりません。
例えば、現在夫婦二人で賃貸住宅暮らし、子どもが出来たので家を建てようと考えた場合、家族が増えることを想定し、家族4人で暮らすための部屋を借りた場合の賃貸料金を目安に予算を立ててみます。
家を購入時は、考えていた時よりも必ずと言っていいほど予算は上回ります。
出窓にしたい、おしゃれな洗面台したいなど、ちょっとしたことでどんどん増えてしまうので、予算は出来るだけ少なく考えておく方がよいでしょう。 家を購入時の年収について

家を購入際には、どのくらいの年収があれば、いくらくらいの家を建てられるのかと考えると思います。
家を購入時の年収については、購入際に「無理はしない」と考えるか「一生に一度の買い物なので多少無理をしたい」と考えるかは、人それぞれだと思います。しかし、ローンの返済ができなくなっては意味がありません。現在の年収と今後の年収がどうなるかを考え、しっかりと計算しましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンは「銀行ローン」と「フラット35」が現在、主流になってきているようです。
ハウスメーカーや銀行から提案される「銀行ローン」は、メガバンクや信託銀行、信用金庫などの金融機関が独自に取り扱っている住宅ローンで、金利タイプは金融機関によって多少違いがあります。
審査基準や借入要件もそれぞれですが、利用できる住宅ローンの特徴をあらかじめ知っておくと、資金計画をたてやすくなります。
「フラット35」は最長35年間、金利が固定される住宅ローンになります。
借入できるのは限られた住宅のみになっていますので、物件選びの際から基準に達しているか確認が必要になります。

総合住宅展示場 市原住宅公園